コロナ禍以降の賃貸住宅選びにおいて確認しておくと良い点は?


インターネット環境の整備状況は要チェック

コロナ禍以降の賃貸住宅選びでは、インターネット環境がどのようになっているかを確認することが重要です。在宅勤務可能な業種に従事している場合、いつテレワークに切り替わっても良いように自宅の環境を整備しておく必要があるからです。インターネットへの接続が可能かどうかだけでなく、利用できる回線の種類や契約している通信事業者なども調べて、できるだけ詳細に賃貸住宅のインターネット環境を把握しましょう。

在宅勤務用のスペースが確保できるかどうかも確認を

配偶者や子供がいる場合は、在宅勤務用のスペースを確保できるかどうかも、コロナ禍以降の賃貸住宅選びにおいて重要な確認項目になります。ワーキングスペースにできそうな場所や広さは間取り図である程度判断することができますが、オフィスでの勤務時と同等以上のパフォーマンスを発揮できるかどうかは、物件を直に見てみないとわかりません。広さは十分であっても独立性が保たれていないと、周囲の環境が在宅勤務の妨げになってしまうことがあるからです。見学は現地へ訪れるのがベストですが、不動産会社によっては現地訪問が難しい人のためにオンライン見学のサービスを行っている所があるので有効に活用しましょう。

宅配ボックスが設置されていると人との接触を減らせる

コロナ禍に対応できる賃貸住宅を探す場合は、宅配ボックスもチェックしておくと良いです。宅配ボックスは本人不在時の郵便物や荷物の受け取りに便利な設備ですが、新型コロナウイルスの流行後は、他人と対面せずに荷物等を受け取れることから感染防止対策につながると評価されるようにもなりました。賃貸住宅の宅配ボックスの確認では設置されているかどうかだけでなく、設置場所やボックスの大きさ、ロックの方式も確認しておきましょう。

札幌東区の賃貸相場は、1LDKタイプで約5万円台です。そこから部屋が一つずつ増えていくごとに、約1.5万円ずつ上がっていきます。