注文住宅は空間の活かし方が重要!収納の広さと部屋の見せ方にこだわる


床下収納を活かすとスペースに余裕を持てる

購入した土地の広さが不十分に感じていて、収納スペースが足りるか不安な際には床下収納を用意するだけで悩みを解消できます。注文住宅では床下の機能性まで含めて自由に設計できて、キッチンやリビングなどに床下収納を設置することも可能です。床下収納には使う機会が少ない調理器具や家電などを収納できて、クローゼットや棚のスペースに余裕を持てます。気密性で優れる床下収納はホコリが入り込みにくくて、掃除の手間がない収納スペースになります。

ロフトを収納として活用する利点

注文住宅の設計を考えていても部屋数を増やす余裕が無くて、窮屈に感じる家にならないか心配な時にはロフトのある部屋を用意してください。ロフトは子供部屋や書斎としても使えて、集めている鉄道模型やオモチャなどを飾れる空間にもなります。部屋にロフトを作る際には窓の配置を考えなければ、光が当たらなくて暗いロフトになる可能性もあるので注意が必要です。狭小住宅を設計する時に寝室をいくつ作るべきか迷っているのなら、ロフトを寝室の代わりとして使うのもおすすめです。

天窓を取り付けた部屋の明るさ

明るい空間で家族と過ごすために注文住宅のデザインを工夫したいのなら、天窓がある部屋を一つは用意してください。横からではなく上から自然光を室内に入れることで、部屋の隅々まで明るくなったと感じられます。天窓を作ると自然光が原因で室温が上がってしまい、夏場に暑苦しく感じないか心配になるのなら、断熱ガラスを使った天窓を設置してください。断熱ガラスは手で触っても暑く感じないほど断熱性に優れていて、自然光が原因で室温が変化しにくいのが利点です。

ローコスト住宅は安い価格で建てられる住宅で、トイレやお風呂などの設備もシンプルです。だからといって、使い勝手が悪いわけではありません。余計な機能や個性的な見た目は必要ないという人に向いています。