注文住宅は地元業者に依頼すべき?メリットとデメリットを大公開!


地元業者に依頼するメリット

注文住宅を地元業者に依頼する最大のメリットは地域事情をよく理解していることです。地域事情にもいろいろな側面がありますが、まず気候について詳しく知っています。雪が多い地域では豪雪に強い設計をするのが大切です。風が強い地域や台風の被害がある地域では風害に強い設計にする必要があるでしょう。地元業者だからこそ知っているノウハウを使って設計してくれるので安心です。また、地元事情に詳しい業者なら地域による治安や住みやすさの違いについても理解しています。住宅を建てるときに隣人関係をどのくらい重視する必要があるかといったことも知っているでしょう。このような情報があると自分にとって魅力的な場所に住まいを構えることができます。

地元業者に依頼するデメリット

地元業者のデメリットは規模が小さく、施工の品質もピンからキリまであることです。地元業者は数人しか従業員がいない零細企業のこともあります。資金的にも潤沢なわけではなく、前金をたくさん要求されることも稀ではありません。住宅ローンでは前金の支払いのタイミングでは融資を受けられないため、立て替えるか、つなぎ融資などを利用する必要が生じます。また、注文住宅の施工技術も優れているとは限らず、業者ごとに大きな違いがあります。そのため、業者を慎重に選定しないと満足できる住宅が手に入らないこともあるのです。優良な地元業者を見つけることができたら注文住宅の依頼先として前向きに検討するのが得策と言えます。

千葉の注文住宅は、郊外だと都市部に比べて土地が安く、予算内で希望の住宅を建てることができるかもしれません。