理解しておきたい!地域性を考慮した注文住宅


気象条件が厳しい場所での注文住宅づくり

日本の国土は細長いので、北に位置する北海道や東北と、最南端にある沖縄県では、気象が大きく異なります。特に気象条件が厳しい地域で注文住宅を建てる場合は、デメリットを補う仕方で家づくりを行うと住み心地が良くなります。例えば、寒冷地である北海道や東北では、冬場の気温が極端に下がり、豪雪地帯も多くなります。外気を室内に入れないように玄関を二重にしたり、高気密高断熱住宅とすると、厳しい冬でも温かく過ごすことができるでしょう。また、屋根に傾斜をつけて、建物の倒壊につながらないようにする必要もあります。特に豪雪地帯は、雪が降り積もったときにでも出入りができるように、1階部分を地上よりも高くすることも検討できます。逆に沖縄地方では、暑さや台風への対策を考えることが必要です。風通しのよさを重視し、台風の暴風雨に耐えられるよう、平屋のコンクリート造にしたり、網入りのガラスや厚みのあるガラス窓を取り入れることもできるでしょう。

人口密度が高い地域での注文住宅づくり

東京など人口密度が高い地域では、他の地域と異なる問題を抱える可能性があるため、注文住宅を作る際に、トラブルを避ける工夫が必要です。多くの場合、狭い土地に家を建てることになるため、隣の家との距離が近くなる結果、お互いの生活音が騒音トラブルに発展する場合があります。人口密集地に注文住宅を建てる場合は、防音性に配慮を払うとよいかもしれません。さらに、狭い土地を有効活用する工夫も大事になります。必要な間取りを確保するため、3階建てにしたり、デッドスペースを収納として活用することも検討できるでしょう。

大阪の注文住宅を検討する際、大阪の土地や地理に詳しいハウスメーカーや工務店を数社選んで、設計や見積もりの相談を行います。