こんなにあるの!北海道の物件の特徴とは!


二重窓が採用されている

仕事の転勤、結婚などがきっかけで北海道で生活することになったという方もいるでしょう。実は、北海道の賃貸物件には、他の地域では見られない特徴があります。そもそも北海道は夏は過ごしやすい気候ですが、冬のシーズンはとても寒いことで知られています。最高気温がマイナスということは日常茶飯事です。気温が低くなれば室内の温度も下がることから、北海道の賃貸物件は寒さ対策として二重窓を採用しています。内と外に2枚の窓を設置することによって、外の冷たい空気が室内に簡単に入らないようにしているのです。また、一戸建て物件の場合、玄関扉の前に玄関フードと呼ばれる前室が付いています。厳しい冬をなるべく暖かく過ごすために、北海道には寒さを防ぐための工夫が施されている物件が多いです。北海道で賃貸物件を探す際には、内見時に防寒対策がしっかりと施されているかどうかチェックすることが大事です。

断熱材が多く使用されている

北海道は、冬のシーズンになるととても寒くなくなることで知られていますよね。そのため、冬の厳しい寒さに備えて断熱材が使用されている物件が非常に多いです。一般的に断熱材を外壁に入れる外断熱、柱の間に断熱材を入れる内断熱の2種類がありますが、北海道では外断熱と内断熱の両方を採用しています。ダブルの断熱によって、寒い冬でも室内で暖かく過ごすことができるというわけです。したがって、賃貸物件を選ぶ際には断熱構造もチェックしてみるといいでしょう。

恵庭の賃貸物件周辺には空港や自衛隊の基地があることから、航空機による騒音防止のための防音サッシが設置されている物件が多いです。