住宅ローンは金利や借入年数をきちんと考えよう


金利はとても大切な要素の一つ

銀行から住宅ローンを借りる場合には、金利が大切な要素になります。大体住宅ローンの金利は1パーセント代から2パーセントくらいで、比較的低く設定されています。1パーセントというと、とても低い数字に感じてしまいますがそれは禁物です。低い数値であっても、住宅ローンは30年から35年くらいにわたって返済するものです。トータルで考えるとたった1パーセントの金利の違いでも、総返済額が大きく変わることを知っておかなくてはなりません。ですから、出来るだけ低い固定金利で借りるのが理想的です。メガバンクが一番金利が低く設定されていることが多く、地方銀行や信用金庫はメガバンクに比べるとやや高めのケースが多いです。ただしメガバンクで借りる場合には、借りる人の年収などで左右されることが多く、属性を良くしておく必要があります。

借入年数も大切である

金利以外でいえば、借入の年数も大切な要素です。借りた借金はできるだけ早く返してしまいたいという気持ちは誰でも持ちます。しかし、住宅ローンの場合には金額が大きいのが特徴です。それを10年や15年くらいの短い年数で設定してしまった場合には、毎月の返済が大きくなります。長めに設定することによって、返済も余裕をもって出来るのです。もしも返済を急ぎたいのであれば、返済期間は長めに設定しておきながら、繰り上げ返済をすればよいのです。繰り上げ返済には手数料もかかりますが、ほとんどの銀行でそれが可能です。余裕のある時には繰り上げ返済で借入を圧縮すると、返済金額が減り気持ちも楽になります。

玄関の外観を重視して、福岡の注文住宅を選ぶ方法も可能です。事前に見取り図や設計図を参考に検討する事もできます。