借りる前に把握しよう!賃貸オフィスのメリット・デメリット


賃貸オフィスのメリット

賃貸オフィスのメリットは、社屋を購入・建設するより安い金額でオフィスを構えられることです。社屋の購入となると安くても何千万単位の費用が必要です。一方、賃貸オフィスを契約した場合、かかる費用は契約時の初期費用と月々の家賃。初期費用はおおよそ家賃の6~12ヶ月分と言われています。つまり、月の家賃が30万円だとすると、初期費用は180~300万円ほどです。購入と比較するとかなり初期コストが抑えられることがわかります。また、賃貸オフィスはほかの賃貸オフィスへの移転も可能です。事業の規模を広げるのでもう少し大きなオフィスを借りたい、事業を縮小するので今よりコンパクトなオフィスを借りたい、このような場合に都度対応しやすいことも大きなメリットです。

賃貸オフィスのデメリット

賃貸オフィスのデメリットは、契約した後も家賃として毎月オフィスに支出し続けなければならないことです。社屋の購入は最初こそ莫大な費用がかかりますが、購入後は基本的に家賃のようなものは発生しません。賃貸オフィスは初期費用は安く抑えられても、月々の家賃がかかるため、入居している期間はずっと支出が続きます。トータルで考えると、賃貸の方が高くつくパターンもないとは言い切れないでしょう。また、賃貸オフィスはほかの入居者と共用する部分もあります。具体的にはビルのロビーやエレベーターなどです。通勤・帰宅の時間帯には移動する人が多くなるため混雑する可能性も。従業員から移動しにくいと不満が出ないよう気を付ける必要があります。

港区で賃貸事務所を借りる方法はいくつかありますが、インターネットの不動産サイトで探すと効率が良いです。