注文住宅の設計時にタンクレストイレを設置するメリット!


トイレを広く使うことができる

注文住宅を設計する際、タンクレストイレを設置する人が増えています。このタンクレストイレとは、その名のとおり、便器の後ろにタンクを設置していないトイレのことです。タンクレストイレが人気を集める理由は、タンクがない分、トイレのサイズをコンパクトにできる点です。タンク付きのトイレと比べると、タンクレストイレはおよそ10センチ奥行きが少なくなる上に高さも抑えることができます。その結果、トイレを広く使うことができるというわけです。スペースが限られているという方に、タンクレストイレはうってつけですよ。

節水効果を期待できる

タンクレストイレは、節水効果を期待できるのもメリットですよ。タンク付きのトイレの場合、タンクに水を大量に貯めて流すシステムです。その反面、タンクレストイレには水を貯めるためのタンクがないので、タンクがあるトイレの3分の1以下の水量で流すことになります。したがって、年間の水道代を1万5千円ほど節約が可能です。トイレは毎日、使用するものなので、経済的に大変お得ですね。

掃除がやりやすいです

掃除がやりやすいのもタンクレストイレのメリットといえるでしょう。便座の後ろにタンクがあると凸凹した部分が多いため、きれいに掃除をするのに手間と時間がかかってしまいます。また、タンクがあると手が届きにくくなるので、掃除をするのが面倒に感じてしまいますよね。その点、タンクレストイレならばトイレ自体の形がシンプルなので、スピーディーに掃除ができますよ。

埼玉の注文住宅では、木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造と骨組みから選ぶこともできるので、こだわりの住宅にすることが可能です。